管理者ブログ | 株式会社オリエントアースは北区で光触媒を使用した外壁塗装を行っております。

株式会社オリエントアース
  • HOME
  • 資料請求・お問合せ
  • 企業様募集
  • プライバシーポリシー
フリーダイヤル

ビジネスブログ

2019年01月22日 [北区外壁塗装]

光触媒塗料を外壁塗装に使うデメリット

耐久性が非常に高く、外壁の汚れが付きにくく色あせも防げる光触媒塗料ですが、これを外壁塗装に使用する際には、その特徴をしっかり把握した上で、状況や環境に合わせた使い方をしなければいけません。
外壁塗装に使用されている塗料の中でも、現在最もグレードが高いものとして注目され入る分、値段はどうしても高額になります。
例えばシリコン塗料と比較すれば、おおよそ2倍も高く、耐用年数が長いことを考えると高額でも損はないかもしれませんが、使用する環境によっても耐用年数は変わってくるし、やはり最初に負担する金額が多いことを負担に感じる人が多いのは事実です。
光触媒塗料には、色や艶の種類も少ないのも特徴で、その理由は白色顔料の酸化チタンが反応を起こすことでいろいろな機能を生み出しているからです。
具体的には、白色顔料があまり使用されない濃い目の塗料はラインナップされていません。
光触媒塗料は、太陽の光で汚れを分解して雨で流し落とすため、当然太陽があまり当たらない場所や雨の少ない地域では、十分な効果が得られないことになります。
日本なら、大概雨は降るので問題ないと思っても、家の建て方や屋根の形状などによっては部分的にでも壁に太陽の光も雨も当たりにくくなっている場合もあるので、その他の部分と比較して汚れが目立ってしまうリスクもあります。
光触媒塗料は、まだ広く使用されるようになってから日が浅く、一般的な塗料に比べて施工法に癖もあるため、取り扱ったことがない業者や経験が浅い業者では、せっかくの効果を軽減させてしまう恐れもあります。
実際に他の塗料を使用するよりも、何かとトラブルも多く発生しています。
もちろん経験豊富で光触媒塗料を専門に取り扱っている業者に依頼すれば、この点におけるリスクは回避できるので、業者選びは慎重に行ってください。

次回も外壁塗装をお願いします


耐久性の高い光触媒塗料を外壁塗装に使用していると聞いて、依頼させてもらいました。
前回と同じような色に仕上げてもらいましたが、さすがは高い塗料だけあって、色あせもなければ前のように自分で壁をゴシゴシ磨かなくても、自然の光のパワーで汚れを取り去ってくれるので、これからどんどん歳を取って身体が思うように動かなくなる私たち夫婦にとっては、とても良いものに出会えたと喜んでいます。
生きているうちにもう一度お願いするかどうかですが、その時が来たらまたよろしくお願いします。


PageTop

株式会社オリエントアース

株式会社オリエントアース 東京都北区王子2-22-7 TMビル5F TEL.03-5933-6701 FAX.03-5933-6702