車の往来が多い建物の外壁塗装|東京の外壁塗装会社ならお任せ下さい。

株式会社オリエントアース
  • HOME
  • 資料請求・お問合せ
  • 企業様募集
  • プライバシーポリシー
フリーダイヤル

FAQ

車の往来が多い建物の外壁塗装におススメの塗料を教えて下さい。

東京都内に3階建ての事務所を構えているのですが、この10年くらいの間に周辺の環境が変わり、住宅よりテナントビルの方が増えました。そのせいか車やトラックの往来が増えていて騒がしく感じます。
自社ビルを建ててから20年弱ですが、さすがに外壁がかなり汚れてきて目立つため、塗装リフォームをそろそろしようかと考えています。車の往来による影響もあり汚れやすいかと思いますので、この立地状況にあった塗料を選びたいです。足場を作っての施工になり、隣のビルにもご迷惑を掛けますし、高額な費用がかかりますから、出来れば私が現役のうちに再びしなくていい位長持ちする塗料で外壁リフォームを行いたいです。
良い塗料やリフォーム会社をご存知の方がいましたらご紹介下さい。

answer

光触媒とフッ素樹脂のハイブリッド塗料がおススメです

住宅や建物の外壁塗装は最低でも10年~15年に一度は行うべきであると一般的に言われています。建物は四六時中、雨風や雪、紫外線、埃など様々なモノから影響を受けるため元々塗料が持つ性能が少しずつ劣化し、機能しなくなるからです。建物がある場所の環境により耐用年数が前後するのはそのせいです。
足場を組み、塗料が飛散しないようメッシュシートを貼り施工する工事の為、施工期間中は不便さや煩わしさも。そんな大掛かりな外壁塗装で少しでも耐候性が強く、効果が長続きする塗料をと言うニーズに対応するためハイブリッドな塗料が開発されました。光触媒とフッ素樹脂を使った最強のコーティング塗料があります。
光触媒とは太陽光や可視光を吸収することにより有害物質を分解する物質で、酸化チタンがその代表として知られています。このハイブリッドチタンは耐久性と汚れの付きにくさに優れ、紫外線による色褪せを防ぐ効果に長けています。さらに、防カビや防藻性に優れ建物の美観を長期間に渡り維持します。塗料の寿命は約30年と言われていますので、現在ある塗料の中では最も優れていると言えるでしょう。
北区にこの光触媒を使った外壁塗装リフォーム会社がありますので、ご相談されてはいかがでしょうか。

PageTop

株式会社オリエントアース

株式会社オリエントアース 東京都北区王子2-22-7 TMビル5F TEL.03-5933-6701 FAX.03-5933-6702