光触媒の外壁塗装をするメリットとデメリットは?|株式会社オリエントアースは北区で光触媒を使用した外壁塗装を行っております。

株式会社オリエントアース
  • HOME
  • 資料請求・お問合せ
  • 企業様募集
  • プライバシーポリシー
フリーダイヤル

FAQ

光触媒の外壁塗装をするメリットとデメリットは?

建物に詳しい友人から聞いたのですが、光触媒の塗料を使用して外壁を塗装することで、かなり耐久性が高くなるとのことでした。
北区の実家の外壁の塗り替えをしたいのですが、両親共にすでに70歳を過ぎていて、もちろんなるべく長生きして欲しいのですが、正直もうそんなに先は長くないということで、本人たちもできればなるべく長持ちさせられる塗料を使用できるなら、それに越したことはないと言っています。
ズバリ、光触媒の外壁塗装をするメリットとデメリットを教えてください。

answer

耐用年数が高いのが最大のメリットです。

以前に比べて、耐用年数の長い塗料はどんどん登場しているわけですが、光触媒塗料が現在最も塗膜の寿命が長いと言われていて、耐用年数は20年とされています。
光触媒塗料には、二酸化チタンが含まれていて、その成分によって紫外線を浴びることで活性酸素を発生させ、大気汚染物質を分解する作用により外壁に汚れをつきにくくします。
長く清潔な塗膜を維持できるため、カビや藻が生えにくいメリットもあります。
空気中の汚染物質も酸化し除去してくれるので、光触媒塗膜の周りの空気をキレイに保つこともできます。
光触媒塗料のデメリットは、どうしても費用が高くつくところですが、寿命は他の塗料に比べて圧倒的に長いため、長期的に考えれば、外壁塗装の回数を抑えることができる分、それほどのデメリットにならないケースもあります。
したがって、あとどの程度家に住むのかを考えて、一般的な塗料を使用すべきか、光触媒塗料を使用すべきか考えることをおすすめします。
光触媒塗料は、紫外線に反応させることによって活性酸素が発生して特有の効果を発揮しますが、あまり紫外線が当たらない場所や、雨が当たりにくい箇所では、最大限の効果を得られない場合もあり、それもデメリットとなります。

PageTop

株式会社オリエントアース

株式会社オリエントアース 東京都北区王子2-22-7 TMビル5F TEL.03-5933-6701 FAX.03-5933-6702