光触媒塗料を使用するデメリット|

株式会社オリエントアース
  • HOME
  • 資料請求・お問合せ
  • 企業様募集
  • プライバシーポリシー
フリーダイヤル

FAQ

光触媒塗料を使用するデメリットはありますか?

北区で家を建ててから、来年でちょうど10年になります。
家を建てる際に、外壁をモルタル壁にするかサイディングにするかで悩みましたが、モルタル壁の方が丈夫で、サイディングでも定期的に外壁塗装のメンテナンスが必要なことが分かり、モルタル壁を選択しました。
直接左官屋さんから聞いたわけではありませんが、ハウスメーカーの現場担当のスタッフさんから高品質の塗料を使用したので、15年は大丈夫と聞かされていました。
もちろんそんなに長く保証が付いてこないことは理解していましたが、数年前から色あせや雨だれの汚れが気になって、念の為施工会社に問い合わせましたが、やはり無償で修繕工事はすることはできないし、15年というのもあくまでも目安だと言われてしまいました。
ハウスメーカーに外壁塗装を依頼すると、高いマージンを取られることは知っていたので、請負業者に依頼した方がいいと思い、自分なりに外壁塗装についても調べて、20年程度も長持ちする光触媒塗料を発見しました。
汚れ分解機能や水の洗浄機能など、耐用年数が長いだけではなく多くのメリットがあることも分かり、光触媒塗料を扱う貴社に依頼しようと思っていますが、光触媒塗料を使用するデメリットがあれば教えてください。

answer

どうしてもコストが高くなります。

光触媒塗料は、現在塗料の中でも最もグレードが高いため、どうしてもコストも高くなってしまうのが一番のデメリットです。
光触媒塗料は太陽光の力によって汚れを分解し雨で流してくれるメリットがありますが、太陽光や雨が当たりにくい場所だとその効果が低くなるというデメリットもあり、その他の部分はキレイな状態を保つことができる分、一部だけ汚れが目立つこともあります。
他にも、光触媒は、白色顔料である酸化チタンによって化学反応を起こすため、外壁を濃い色にしたい場合は向いていないことになります。

PageTop

株式会社オリエントアース

株式会社オリエントアース 東京都北区王子2-22-7 TMビル5F TEL.03-5933-6701 FAX.03-5933-6702