耐用年数の長い外壁塗料と費用対効果|株式会社オリエントアースは北区で光触媒を使用した外壁塗装を行っております。

株式会社オリエントアース
  • HOME
  • 資料請求・お問合せ
  • 企業様募集
  • プライバシーポリシー
フリーダイヤル

FAQ

耐用年数の長い外壁塗料はそれだけの費用対効果があると思いますか?

東京都内に念願のマイホームを購入してから5年が過ぎました。新築を選んだのは全てが新品であることです。自分の希望する材質や色が選べたり、オプションも活用しながら理想に近い家を手にすることが出来て本当に満足しています。周りの友人でも戸建てやマンション等マイホームを手に入れた人は多く、やはり集まると家の話しになるのですが、今後の課題はメンテナンスのことです。年々劣化していくため、しかるべき時期に補修しなくてはいけないため、その費用の貯蓄も踏まえています。我が家は購入してから10年までは定期的なメンテナンスが無料で受けられます。中古物件を購入された方はリフォーム時期が早くなると思いますが、その中でも特に高額のリフォーム費用がかかる外壁塗装の時期がそろそろという人が居て悩んでいるそう。少しでも安くと考えると耐用年数の短い塗料を選ばなくてはいけなくなり、結果、10年も経たずまた塗装し直さなくてはいけないのであれば不経済ではないかという感じです。高額でも耐用年数の長い塗料を選んだ方が費用対効果はあると思いますか?

answer

長い目で考えた場合、費用対効果はあると思います

建物の外壁は明らかな劣化が見えるようになるまであまり気にしない人が多いものです。ご存知のようにリフォーム費用が高いため、少しでも先延ばししたいと考えるもの。しかし塗装そのものの目的は美観だけではなく建物を雨風、紫外線などの様々な外的要因による劣化から守ることがあります。そのため、ほとんどの住宅外装に再塗装等のメンテナンスが必要とされ、塗装の時期は塗料やお住いの環境により異なりますが10~15年に一度が目安とされています。
耐用年数が長い塗料の一つに「光触媒塗料」というものがあり、20年程度と言われます。これまでの平均的な塗料の倍の耐用年数でも費用が倍になるわけではなく、高対候性、防汚性が期待できる次世代塗料として注目されています。そのため、20年という長い期間で見たときに費用対効果を発揮すると言えるでしょう。

PageTop

株式会社オリエントアース

株式会社オリエントアース 東京都北区王子2-22-7 TMビル5F TEL.03-5933-6701 FAX.03-5933-6702