外壁が汚れにくくなる塗装方法|株式会社オリエントアースは北区で光触媒を使用した外壁塗装を行っております。

株式会社オリエントアース
  • HOME
  • 資料請求・お問合せ
  • 企業様募集
  • プライバシーポリシー
フリーダイヤル

FAQ

建物の外壁が汚れにくくなる塗装方法はありますか?

東京都内で輸入雑貨の会社をしており、小さいながらも創業から15年目となりました。裏通りとはいえ、車は頻繁に通りることもあるからか会社の外壁の汚れが目立ちだし、見栄えが悪いため外壁の塗装し直しを考えています。業者探しをしていますが、外壁塗装は10年を目安にメンテナンスをするのが一般的と書いている所が多く、今後のことを考えると結構コストのかかるリフォームだと感じます。もっと耐用年数の長い塗装方法はないものでしょうか?また、汚れにくくする方法というのは物理的にないのか詳しい方がいましたら教えて頂けないでしょうか?

answer

光触媒による外壁塗装が注目されています

住宅や建物の外壁の塗り替えは最低でも10年〜15年に一度は行うべきと言われています。建物の立地条件や選ぶ塗料によって耐用年数は前後するため目安と言われています。車輛が頻繁に行き来する場所であれば排気ガスやホコリの量が多く劣化が加速する要因になります。また、紫外線の量や台風などの頻度、雪の多い地域や湿度の高い地域によっても変わります。全く同じ塗料を使って塗装しても条件により耐用年数は変わるということになります。実際に塗装を行う際は建物の環境に適合する塗料を選ぶのがベストです。それほどに様々な種類の塗料があり、機能性・耐用年数・料金が異なるため、お客様とのご相談になります。
あらゆる環境に対応する「光触媒」を使用した外壁塗装が注目されています。東京に本社のある外壁塗装会社ではこの光触媒を持った塗料で外的要因による劣化を防ぐ外壁塗装を行っています。光触媒とは太陽光や可視光を吸収することにより有害物質を分解することです。この機能により外壁を汚れにくく色褪せを防ぎ、高い耐候性から効果が長続きすることを可能にします。
次世代塗料として期待されており、耐用年数は20年程度とされています。外壁の塗り替えをご検討でしたら是非、参考にしてください。

PageTop

株式会社オリエントアース

株式会社オリエントアース 東京都北区王子2-22-7 TMビル5F TEL.03-5933-6701 FAX.03-5933-6702