光触媒の外壁塗装の高耐久性デメリット|株式会社オリエントアースは北区で光触媒を使用した外壁塗装を行っております。

株式会社オリエントアース
  • HOME
  • 資料請求・お問合せ
  • 企業様募集
  • プライバシーポリシー
フリーダイヤル

FAQ

光触媒の外壁塗装の高耐久性はデメリットになるの?

親が建てた東京の実家はすでに取り壊して、その跡地にビルが建っていますが、当時はモルタル壁とトタン屋根で、外壁や屋根の塗装は父と祖父が行っていた記憶があります。
何を使用していたか定かではありませんが、おそらくその辺で売っていた普通のペンキだったと思います。
しかし、その後どんどん高性能の塗料が開発されて、セルフクリーニングと呼ばれている、塗料自身が汚れを落とす機能を持つ光触媒塗料があることを知り、その耐久性は20年も超えてしまうと聞いて、私の年齢からすればあと一度それを使用して外壁塗装をすれば、もうその必要がないのでは?と考え、貴社に工事をしてもらおうと考えています。
しかし、汚れに対しても耐久性に関しても評価が高い光触媒塗料にも、長持ちし過ぎることなどからいくつか欠点があると聞いたのですが、塗装工事を依頼する前に、その詳細について教えてください。

answer

環境によって機能が発揮されない場合もあります

高性能の光触媒塗料を使用する場合の最大のデメリットは、他の塗料に比べて値段が高いところです。
その分耐久性も高いので、一概にそれがデメリットとも言えないのですが、外壁と同じく、定期的に塗装工事が必要になるのが屋根で、足場の関係で、外壁と屋根塗装は一度にまとめて行うのが費用面でも効率的です。
しかし、光触媒塗料には屋根用がなくて、どうしても外壁と屋根の塗装の時期がズレることがデメリットになるわけですが、近頃では屋根に使用する塗料にも、耐久性の高いものが発売されているので、それを利用すればデメリットの回避が可能です。
また、光触媒の機能を引き出すには、太陽の光や雨の力が必要ですが、日当たりが悪くて、雨があたらない場所では、十分な機能を発揮しないことも、光触媒塗料のデメリットとなります。

PageTop

株式会社オリエントアース

株式会社オリエントアース 東京都北区王子2-22-7 TMビル5F TEL.03-5933-6701 FAX.03-5933-6702